オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

マスクがない!

 あいかわらず、大型のドラッグ・ストア、スーパーでもマスクがない。
 かといって街中を歩いていても、皆が皆マスクをしているわけでもない。
 マスクはどこに行っちゃったん?

 花粉症の症状が出始めてるのにマスクがないのは困る...。
 コロナ対策のマスクは予防ではないと思うのだが...。

 天皇陛下の一般参賀は取りやめることを宮内庁が発表した。
 このことをきっかけに、大型のイベントなども規模縮小などを検討せざるを得ないのかもしれない。
 濃厚接触を考えれば、都内の電車通勤の方が危険なきもするけどね。

 ところで、日本であまり報道されていないが、アメリカでインフルが流行していて、1万4千人以上の死者が出ている。
 中国どころの騒ぎではない。
 このため、コロナの検査もするということになったようだ。
 おっかねー!

 今後さらに経済への影響も大きなってくるだろうし、今後どうなってしまうんだろ?
 国会で桜の話をしてる場合じゃないと思うんだけど...。

京にゅう麺

おすそ分けでいただいた京都の料亭 雲月の即席めん。
  DSCN5838
 京にゅう麺が商品名なんかな?

 お店のHPはあるんかな?と検索したら高島屋のがヒット。
 詰め合わせの商品があた。 温仕立て 素麺詰合せ(若筍・にしん・きのこ)
 6袋入って4200円ほど。
 丼に麺とお湯を入れて3分待つべしとある。 高級インスタント麺ということかな?

 パッケージの裏を見ると、
  DSCN5839
 雲仙きのこ本舗という長崎の会社が作ってる。
 名前のとおりきのこを栽培してる会社だが、即席麺も作ってる会社。
 養々麺という即席にゅうめんが

 お店のHPによると、
  島原手延べ素麺の製法に独自の技法を取り入れて油を使わずに作り上げた
 体に優しい即席にゅうめんです。
  お湯を注いで3分で美味しくお召し上がりいただけます。
 国産小麦粉と長崎県崎戸の磯塩、雲仙山麓の名水を使用し、北海道産昆布と
 鹿児島県枕崎産鰹節に醤油で味を調えた本格和風出汁。
  トッピングには自社栽培きのこ具材と、京都の老舗「一休堂」の七味唐辛子
 を添えました。
 とある。

 麺と出汁、七味は基本同じなんだろうな。
  DSCN5842
 竹の子がメインの具材だが、特に京都産とは書いてない。 なので国産かどうかも不明。
 七味は雲月とあるので、自社製なのかな?と思いつつも、製造元と同じく京都一休堂のを使ってるのかもしれない。

 ということで、即席めんとあるけれど、ぬるい麺が嫌いなオラはもちろん鍋で作る。
 椎茸と長ねぎを追加して、3分というところを2分で仕上げて出来上がり。
  DSCN5845
 絵はあまり美しくはないけれど、やさしい味わいのにゅう麺に仕上がりました。
 けこ腰はある麺。 出汁がそれほど香らないのは、椎茸と長ねぎのせいかな。
 
 6袋入って4200円ほど、というと自分で購入するという選択肢はないけれど、たまには贅沢気分で食べるのもいいかもしれない。

セブン アンソニー・ブルーノ

作品:セブン 二見文庫 1995
作者:アンソニー・ブルーノ
内容:「BOOK」データベースより
 何者かに過剰な食事を強いられ死んだ異様に太った男と、自らの体を切り刻むことを強要された弁護士 ― 殺伐とした街で連続して発生した二件の殺人の現場には、それぞれ“大食”と“強欲”の文字が…。 ベテラン刑事サマセットはキリスト教の“七つの大罪”に着目し、あと五つ事件が発生すると断言。 若き刑事ミルズとともに狂気の殺人計画を阻止すべく捜査を始めるが… 戦慄のサイコ・スリラー。

メモ:
 ノベライズ作品かどうかは不明。
 映画は見たことないが、ブラッド・ピットとモーガン・フリーマンがコンビを組んでる作品らしい。
 小説の表紙に二人の写真が使われている。

 退職を目前に控えたベテラン刑事と、別の警察を辞めて都会の警察に採用された血気盛んな若い刑事が捜査を進める物語。
 この作者の作品は読んだことがあると思うが、どこかに埋もれているらしく見当たらない。

 キリスト教における7つの大罪を犯している人を殺していく?自分で死に至るように仕向けて殺す犯人。
 7つの大罪は、「傲慢」、「嫉妬」、「憤怒」、「怠惰」、「強欲」、「暴食」、「色欲」。
 犯人は最後に若い刑事を巻き込むが、それまでの犯罪と結末がなんともちぐはぐな感じがして、消化不良な。
 まあいいか...。

はなまるうどん

 散歩の後、フードコートの口開け1番乗りではなまるうどん。
 かけ小 + ちく天 = 275円なり。

 というわけにはいかず、ちく天取って、かけ小と声をかけて見てると、丼にうどんを入れて汁マシンにセットしてボタンを押すと汁が出ない。
 何度押しても出ない。 慌てて中を見ると出汁を引いているのがまだ中に残って、かえしをいれていない状態。
 あー、麺が冷める~...。 

 後ろの方に慌ててとって返してかえしを持ってきて入れてを2度。
 一度で2本持って来いよな~...。

 やっとこさつゆを入れて出来上がり。

 テーブルについてつゆを一口。 案の定ぬるい。
 麺は口開けなだけあり、腰はある。 が、ぬるい。 残念...。
 ちく天も口開けだけど冷めてる。 残念...。

全国のニューオープンの立ち食いそばのお店

 某ログで、時々全国のニューオープンの立ち食いそばのお店をチェックしてるんですが、つい先日こちらのお店が掲載されてました。

 「そば谷」、立ち食いそば好きならピンとくる店名ではないかと。

 2月12日オープンと間もないので情報がなく、毎日チェックしてたら、某ログに口こみ情報が載り、期待通りどうやら復活したみたいです。
 
 オラが暗黒つゆを求めて遠征してた頃に、場所的に、また営業時間故になかなか行くことができなかったそば谷@東十条。
 東十条のそば清は一度お邪魔することができたんですが、そば谷は行けずにいたら閉店してしまっていたのが心残りだったんね。

 板橋区役所前駅から徒歩10分ほどのとこらしいお店、開店時間を見ると20時開店で翌朝の8時までの営業、日曜が定休日とある。
 一段ハードルが上がった...。

 諸般の事情で、平日行くのはなかなか困難なオラ。
 土曜は営業というようなので、日曜の朝8時までやってるのか?
 代替わりしてるのかいないのか?
 つゆは期待通り暗黒なのか?などなど疑問だらけ。

 どなたか立ち食いそばのブロガーの方々に行っていただいて、ぜひ情報を提供して欲しいな~と。
 そうか、仕事終わってから遠征して丁度いいくらいなのか。
 よろしくお願いいたします。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ