オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

死線のサハラ 上・下 ダニエル・シルヴァ

作品:死線のサハラ 上・下 ハーパーBOOKS文庫 2018
作者:ダニエル・シルヴァ 
内容:「BOOK」データベースより
 ロンドン中心部で死者千名を超える無差別テロが発生。 首謀者は、数カ月前にワシントンDCで大規模な爆破テロを起こしたISISの大物テロリストだった。 MI6から秘密裏に協力を要請されたイスラエル諜報機関のトップ、ガブリエルは、あるフランス人実業家とテロリストの接点に注目し、 姿なき敵をあぶりだすため、南仏プロヴァンスでCIA、フランス当局を巻き込んだ合同作戦を始動させる―。

 作戦の標的はフランス人実業家の愛人で、元モデルのオリヴィア。 ガブリエルは彼女に接近すべく南仏の社交界を舞台に大胆不敵なスパイゲームを仕掛け、テロリストがモロッコに潜伏していることを掴む。 そんななか、モロッコの密輸船から化学兵器物質が見つかり、新たな攻撃の予感に各国が戦慄する。 カサブランカ、サハラ砂漠…知略躍る攻防の果て、灼熱の地で惨劇の連鎖は食い止められるのか!?

メモ:
  前作のブラック・ウィドウは、モサド長官になる過程を描いているが、今作は長官になった後の物語。
 このシリーズの特徴でもあるのが、SISやCIAなど他の情報機関と協力して作戦にあたるというもので、今回も同様。
 外れのないこの作者の作品はわりと気に入っている。 あと1作出てるな。
 ところで、作品の中で「吝嗇」という言葉が出てきた。 知らなかった言葉。 「りんしょく」と読み「ケチ」という意味だそうで、文学作品の中で使われる表現だとか。
 文学作品は読まないから、知らなかったということか?

六文そば 昌平橋店

ロケットニュースをチェックしてたら、衝撃的なニュースが!
 六文そば昌平橋店が4月一杯で閉店するらしい。
 ビルの建て替えで閉店するそうだが、移転再開などの予定はない模様だ。
 なんてことだ...。 またお気に入りのお店がなくなってしまう。

 しかし、コロナコロナで、東京へ行くのがはばかれるこの時期、行きにくい...。
 のこのこ出掛けて感染なんかしようものなら、周りから何を言われることやら。

 その一方で、飯田橋にあった「天かめ」が閉店し、「永坂庵」になり、また閉店し、今度は「亀島」になったという記事を読んだ。
 経営母体は一緒なんかな?
 飯田橋は行きにくい場所なので、なかなか寄れないけれど、個人的には「永坂庵」の田舎そばは食べてみたかったかな。

 先行きどうなってしまうんだろ?


感染5例目~

また山梨でも新型コロナウイルスの感染者が発生しました。
 甲府駅前の居酒屋で働いていた20代の女性。 接触者は約200人。
 丸政@甲府駅南口の隣のビル、鳥もつで有名な奥藤の2階にある三ツ星マート甲府駅前店で症状が出た後21日・24日の2日間働いていたそう。
 本人は、海外渡航も県外へ出ていないそうなので、感染経路が不明。

 不特定多数と接触する仕事だと誰から感染したかわからないよな~と。
 21日は土曜で、ちらほら観光客もいたりするから、外からなのかな?

 それにしても、先日の土曜日にJRの臨時列車が出てたりするから、東京へ行く人は少なくなっても、東京を出る人はそれなりにいるんだろうね。

 なんてこといってたら、同じ居酒屋勤務の20代男性店員も感染。
 そしたら、心肺停止の状態で山梨医大の附属病院に搬送されてきた0歳の女の子も感染していたとのことで、7例目まで増えた。

 収束は遠そうだな...。

リンボー ケネス・ロイス

作品:リンボー ミステリ・ペイパーバックス 1995
作者:ケネス・ロイス
内容:「BOOK」データベースより
 大物実業家ダインの私邸で発見されたフランス国宝級の骨董品は盗品だった。 元英国特殊空挺部隊(SAS)に所属していたジャコーに事件の穏便な解決が依頼された。 事件そのものは単純に見えた。 だが、ダインの周辺からきなくさいにおいがつきまとって離れない。 彼はいったい何者なのか。 そんなとき、ジャコーの愛車フェラーリが爆破された。 次々と襲いかかる危機、そして殺人…。 事件にからむ中国人秘密結社、国会議員までをも巻き込む事件の真相は。 ヴェテラン、ケネス・ロイス会心のハードボイルド。

メモ:
 元SASのジャコーが英首相の私設相談役から、チャウシェスクがフランスのホテルのスイートから略奪したセーブル磁器の調査を依頼されるとこら物語は始まる。
 MI5、ギャングなどまで絡んで、なかなか面白く読めた。 何よりもお色気がないのがいい。
 そして、エピローグのところで出てくるのがタイトルの「リンボー」。 作品の翻訳は「地獄の果て」。
 「リンボー」と言えば「リンボー・ダンス」の「リンボー」くらいしか知らないので、ちと調べてみると。
 某ウィキによると、「リンボー」は「ラテン語:Limbus、英語:Limbo」で、訳は「辺獄」= カトリック教会において「原罪のうちに(すなわち洗礼の恵みを受けないまま)死んだが、永遠の地獄に定められてはいない人間が、死後に行き着く」と伝統的に考えられてきた場所のこと、ということらしい。
 なんだか気に入った。

モズリー卿の領収証 ケネス・ロイス

作品:モズリー卿の領収証 サンケイ文庫 1987
作者:ケネス・ロイス
内容:「BOOK」データベースより
 元ロンドン警視庁警視正が自宅の風呂場で二人組の男に殺された。 だが、新聞には事故死と報じられる。父親の死に疑問を抱いた娘は、警官仲間だったブルマンに調査を依頼した。 元盗人のスコツトを巻きこみブルマン警視の捜査がはじまる。 謎の文書の行方を追ってスコットは囮となって刑務所へ。 ブルマンは辞職願いを上司にたたきつける。『クリプト・マン』の著者ロイスが、おなじみの刑事と元盗人の名コンビを駆って、腐敗した大英帝国の謀略に迫る!

メモ:
 主人公は元盗っ人で、時々英国情報部の仕事もしていたという、ウイリー・スコットシリーズの2作目。
 途中経過に比べて、落ちがしょぼい印象。
 ともあれ、作風自体は悪くない。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ