オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

2015年07月

ノースライト諜報作戦

 作品:ノースライト諜報作戦 徳間文庫
 
 作者:アダム ホール

 内容:「BOOK」データベースより
  米国の原子力潜水艦セタセアが、ソ連海軍に撃沈された。この事件
 で二カ月後に迫った米ソ首脳会談の実現が危うくなった。事件の鍵を
 握る英国のスパイ、カラソフを国外脱出させるため、英国“作戦本部”
 の秘密工作員クィラーが送り込まれることになった。だが、KGBの待
 ち伏せによってカラソフは死亡。事件の背後には、英ソ間で仕組まれ
 た“取引”があった・・・・・・。好評クィラー・シリーズ。本邦初訳。

 メモ:
  このシリーズも残り2作となってしまった。 酒も飲まない、拳銃も持
 たない、でもスーパーマンのような活躍をする主人公は何か気に入っ
 てしまった。

上野 たきおか

 駒込から御徒町へ移動して、燕湯に行こうか迷ったあげく、たきおか
の口開けの時間近くだったので、上野方面へブラブラ歩いてくことに。

 7時になり、焼き場にいつも立ってる親父さんが、看板を出したので
入店。

 ビールと筍の煮物を発注。薄味のまだほんのり温かい筍がいいアテ
になる。 次に南瓜の煮物を追加。こちらもほくっとしていい。

 キャッシュ・オンだから、小銭をテーブルに置いといて、都度支払い。

 朝早いので、ぽつりぽつりとお店に入ってくる程度で、テレビの音と、
仕込みの音くらいで、まだ店内は静かだ。

 南瓜を食べ終わる頃、揚げ茄子が出来上がったので追加。 油を
吸った茄子がトロッとしていて、こちらもいい。

 そんなに食べられないから、ここで切り上げ、小銭をポケットに入れ
て、ごちそうさま。

 さて、新宿に戻りますか。

タコさんウインナー

 飲み屋にあるとついつい注文してしまう赤ウインナー。 魚肉ソーセー
ジと一緒で、時々無性に食べたくなる。

 
赤ウインナーといえば、タコさん・カニさんウインナー。 この日はタコ
バージョンで。

  DSCN3319

 余り足を長くしない方が、きれいに仕上がるのかも。

 味はなんともチープで、ビールに良く合う。w

 そうそう、この日は、珍しい形のオクラをゲット。

   DSCN3316

 
長さ20cmほどのオクラ。

 朝麺のお供にということで、刻んで冷凍してしまいました。

 もうちょっと先に味わいましょ。

最近の朝麺家麵

 7月中旬くらいから気温はいつもの盆地の暑さになって、たまに猛暑
日を記録するようになり、そんな朝麺にも変化が。

 これまで朝には乾麺を茹でてそば食べてたけど、さすがに1リットル
以上の水をグラグラ沸かして作ってると、部屋の温度も上がるんで、
最近は袋入りの茹で麺を使って、少ないお湯で湯がいている。

 つゆも大根・人参・茄子などを入れたつゆを、一週間分くらいまとめて
作って、冷蔵庫に保存。 そして都度適宜丼に入れて、追加の油揚げ・
モロヘイヤ・オクラ・長ネギを入れ、レン・チンして、温ぶっかけそばにし
て食べてる。

 夏場いくら暑くても、職場の冷房などで身体が冷えているので、基本
冷たいそばは食べないのね。

 それにしても短時間で仕上げる茹で麺は楽ちんだ。

 そばを食べ終わった残りのつゆは、カレー粉入れてリメイクして、ご飯
にクミン・シードたっぷりふって、福神漬け添えて食べてしまう。

 このカレーでまた汗がどっと出て、朝からスッキリ。

 かれこれ2週間くらいこのメニューばかり。 

 芸がないけどいいんです、これで。

北京暗殺団をつぶせ

 作品:北京暗殺団をつぶせ ハヤカワ・ミステリ文庫

 作者:アダム・ホール

 内容:「BOOK」データベースより
  英国情報部員をロンドンまで追跡して殺した命知らずの暗殺者-
 クィラーはその招待を暴くよう指令を受け、わずかな手掛かりから北
 京へ飛んだ。彼は外相随行員として中国首相の争議に出席したが、
 その席上、外相が爆死を遂げ、クィラーに殺人機械のような中国人た
 ちが襲いかかった。からくも死の罠を脱出した彼は地下に潜り、つい
 に暗殺団の首領を突き止めた。首領の本拠地を求め、ひそかに韓国
 に潜入したクィラーが明らかにした中国をめぐる国際的な陰謀とは?
 熾烈な情報戦の続く極東に単身潜入したクィラーの活躍を描くシリー
 ズ第7弾!

 メモ:
  相変わらずスーパーマンな活躍をする主人公。今回はソ連製のヘリ
 コプター・ミルも操縦してる。 お次は何操縦する?

最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ