オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

2017年05月

殺し屋を殺せ クリス・ホルム

作品:殺し屋を殺せ ハヤカワ文庫 2016
作者:クリス・ホルム
内容:「BOOK」データベースより
 元特殊部隊員のヘンドリクスは自らの過去を消し、殺し屋となった。 殺しの技を自在に操り、射撃能力は超人的。 報酬も超高額だ。 しかもある理由から、彼は標的を同業者、つまり殺し屋に限るのだった。 ヘンドリクスは次々と殺しを成功させていくが、全米の犯罪組織を束ねる“評議会”の配下を始末したせいで逆に命を狙われることに。 放たれたのはこれもまた最強の殺し屋。 究極の対決が始まる ― アンソニー賞最優秀長篇賞受賞作!

メモ:
 殺し屋だけを暗殺する殺し屋。
 続編はなさそうな終わり方。 一発屋なのか?
 悪くはない作品だが、すごくいいわけでもない、かな?


 
人気ブログランキング

春の蔵出しワインバー in 甲府

 山梨の週末情報ですヨ。

 甲府駅北口広場にて5月26日(金)の夕方から28(日)まで、「春の蔵出しワインバー」というワインのイベントが開催される。

 県内32社のワイナリーが出店し、そのメーカーのワインが有料試飲できるイベント。
 秋の新酒は収穫祭的な意味合いが濃いけれど、新酒とは異なる各メーカーの本来のワインが味わえるから、好みの1本でも2本でも3本でも見つけることができるのではないかと。
 また、ワインに合う地元の食も10店舗ほど出店するそう。

○イベント概要
 日時 2017年5月26日(金)~28日(日)
           26日 17:00 ~ 21:00(L.O 20:30)
           27日 11:00 ~ 21:00(L.O 20:30)
           28日 11:00 ~ 21:00(L.O 19:30)

 *ワインを飲むには、オリジナルワイングラスの購入が必要
  スタートセット 1200円(ワイングラス + 箸 + おつまみ)にプラス、別途飲食券(100円単位)の購入が必要

 前売り券 2000円(5月25日まで販売)
  ⇒ スタートセット 1200円(ワイングラス + 箸 + おつまみ)+ 飲食チケット 1100円分付き

 詳しくは、

  イベント情報 http://www.sannichi-ybs.co.jp/SP/events/winebar
  公式HP   http://www.sannichiybs.info/wine

 どのようなワインが出品されるかは、
  公式 Facebook  http://www.facebook.com/kofuwine

 金曜は雨のち曇りの予報で、土日は晴れの予報なんで、出掛けてみてはいかがでしょうか?

 出店するワイナリーは大手以外に、小さなワイナリーもあって、面白いかもしれない。
 個人的には、泡やロゼなんかが気になるかな。

 
人気ブログランキング

オーファンX 反逆の暗殺者 グレッグ・ハーウィッツ

作品:オーファンX 反逆の暗殺者 角川文庫 2016
作者:グレッグ・ハーウィッツ
内容:「BOOK」データベースより
 政府に暗殺者として育て上げられたオーファンXことエヴァン。 数々のミッションをこなした後、「正体不明の仕事人」となり、無償で弱者を助けていた。 要塞さながらの自宅を拠点に、市井の人々の暮らしに紛れつつも、孤独を貫いている。 そんなエヴァンの行く先々に暗殺者の魔の手が忍び寄る。 ターゲットはクライアントなのか、自分自身か。 冷徹なプロの殺し屋でありながら心優しきヒーロー像を描く、スタイリッシュな犯罪小説。

メモ:
 この作者の作品は昨年1作読んでましたね。 それすら覚えていないアル中ハイマなオイラ。
 トップレベルの暗殺者が、離脱して地下に潜り、弱者のために仕事をするという設定はそんなに悪くはない。
 心優しい暗殺者? そもそも暗殺者には向かないんじゃねか?って突っ込みたくなりながらも、ぼちぼち楽しめた。
 終わり方からすると、続編が出てくるのかな?

 
人気ブログランキング

小梅のめんつゆ漬けのその後

 小梅のめんつゆ漬けを作ってから一週間が経ちました。
 現在はこんな感じになってます。
  DSCN4910
 だいぶ水分が抜けて、浮いたような感じになってますね。
 上から見ると。
  DSCN4909
 昆布に覆われて、なんだかなな写真になてしまた。
 まだ緑が残っているため、もう少し経ってから食べた方が良さそう。
 今年の梅の仕上がりはどうでしょうか?


 
人気ブログランキング

静かな湖の森の陰から~?

 土曜日のこと。
 “静かな湖畔の森の陰から~、も~起きちゃいかがとカッコーが鳴く”
 の歌がありますが、暑くなる前の早朝、駅に向かうと、森の陰から、ではなく、空の方からカッコーの鳴き声が聞こえてきた。
 今年初めて。 少し間の抜けたような「カッコー、カッコー」と。 どこにいるのか探したら、少し先の電線の上に一匹の鳥の影が。
 たぶんあれがそうなんだろうと。 春の鳥? 初夏の鳥?
 この日の日中の最高気温は32度。
 暑くなってくると鳴くのかな?
 それにしても、山梨は田舎だな~。 
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ