オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

2017年06月

ビミサン って知っとる?

 「ビミサン」にハマってるということを最近ある方から聞いた。
 このビミサンと、日暮里にある有名な立ち喰いそば「一由」のタヌを合わせるのが最高ー!らしい。
 そんなビミサン、テレビCMの「テ・ン・ヨ・の! ビ・ミ・サ・ン!!」を知らない山梨県民はいないだろう。
 山梨のローカルだしつゆのビミサン。
 甲府市幸町にある武田食品の商品。と思っていたら、株式会社テンヨ武田の商品となっている。
 ややこしいが、武田食品株式会社は武田グループの酒類・食品・などの卸売りをする会社というこことになってる。
 どーでもいいい話なんだけどね。
 以前の記事で小梅のめんつゆ漬けのことを書いたけど、山梨ではビミサンを使って漬けるのが一般的。
 青い甲州小梅をビミサンと塩昆布で漬けるのは梅雨入り前の風物詩かもしれない。
 前フリがながかったけれど、これからが本題。
 このビミサンのテレビCMが面白い、というか訳がわからないのだ。
  
 
このほかに、テンヨの白だし「母」篇というのもある。
    
 この記事を書くにあたって、「ビミサンCM」とググってみたら、この
CMのメイキング裏話がヒットしたんで合点がいった。
 食品のCMって、美味しそうとか、食べてみたい呑んでみたいなど、誰もが理解しやすい表現にするのとまったく違う、田舎モンおそるべしなCMとなってるな。
 そうそう、このビミサン、めんつゆとしてちゃんと使ったことがない。
 「だしつゆ」という認識なので、料理の味付けに使うものとばかり思ってた。
 クックパッドにもレシピ公開してるし。
 おーっと、北海道限定のビミサンなんてのもある。 「北海道内のみで販売しております。本州では販売しておりません。」だて。
 なぜに北海道? なんか深いな。
 なにはともあれ、今度温つけつゆに使ってみましょかね。 

 人気ブログランキング

日本製の鉄のフライパン 第2弾!

 スキレットを買ってみて、普通サイズの鉄製フライパンも欲しくなり、鉄製の軽量のフライパンもあるが、結構お高いので、お手頃価格のを探してたどり着いたのがこちら
 エフメイド 200Vフライパン 26cm
 今使ってるテフロンのフライパンのサイズが26cmだから、サイズ的にもちょうどいいかと。
 ビール飲みながら酔った勢いでついついポチっと押してしまた。
 前のスキレットは南部鉄器。 今回は同じく鉄製品で有名な燕三条の会社のやーつ。 でもメーカー名がよくわかんない。 エフメイドなんかな? よく見ないでパッケージ捨ててしまた。
 まあ日本製だから大丈夫でしょ、ってね。

  サイズ:    約 473 × 264 × 92mm
  本体重量:  約 1025g
  素材・材質: 本体/鉄(シリコン焼付け塗装)、取っ手/天然木
  原産国:   日本
  対応熱源:  ガスコンロ、ハロゲンヒーター、IHヒーター、ラジエントヒーター
  底の厚さ:  2.0mm

 
ラジエントヒーターって何すか? 初めて聞いたような。
 そして届いたのがこちら。
  DSCN4970
 銀色に見えるけど、実際は黒い。
 スキレットの時と逆で、なんかイメージよりデカい。 ホントに26cm?ってな印象。
 サイズとしては、焼いたり炒めたり、煮物もできるサイズだけど、もうひと回り小さくても大丈夫かもしれない。
 このモデルでは24cmとかひと回り小さいのは見当たらなかったな。
 それに、意外と深さもある。 しかし、1kgもある割に、バランスがいいのか、すごく重いというほどでもないかな。  実際に振ると重く感じるのかも。
 中華料理人がチタン製使うのもうなずける。 軽さだけならえらく軽いからチタンは。
 本体は鉄にシリコン焼付け塗装が施されていて、ツルツルした表面となっている。
 そして使ってくうちにシリコンはなくなるような話を、どこぞのブログで読んだ。
 シリコンは食べても大丈夫ものなのか?
 このフライパンを見た相方が「パエリア鍋みたいだね」なんて、暗にオラに作れと言ってくる。 いきなりパエリアは作らないよね~。 だから「じぇーんじぇん似てない」ととりあえず返しておいた。w
 さてさて、このフライパンで最初に何しよう? 焼きそばあたりか?

 人気ブログランキング

吉田のうどん 富士 @笛吹市

 知り合いから情報をいただいたので未訪なんですが、ご紹介。
 甲府市の市場南側の食堂棟にあった吉田のうどん屋・明見が、再開発?に伴い閉店し、その後どうなったか不明だったのがやっと判明しました。
 タイトルのとおり、店の名前が変わっていたんで、なかなかヒットしなかった。
 移転再開からすでに1年以上経っていたのね。
 場所は、石和温泉にある場外馬券場を下って、国道20号渡ってブックオフの南側の路地を左に入って少し進んだところ。 山梨県の税務事務所の入っている合同庁舎の先あたり。
 石和温泉駅から2.4kmほどだから、徒歩30分くらいか。 ちと遠いな。
前の場所では市場関係者のために朝7時から営業していたけど、現在は10時~14時の短い時間の営業の模様。 富士吉田では当たり前っちゃ当たり前かもしれないけど。
 こちらに写真、あとこちらでも紹介されていますね。
 メニューは前と変わっていないような。
    かけ     400円
    わか・天   450円
    肉       500円
    肉天わか  600円
    ポテサラ   150円
    ビール    500円
 漬物の小皿が添えられるのも前と変わっていない模様。
 ちょっと遠くなってしまったけど、一度足を運ばないとまずいな。
 お馬さん好きな人たちは、お店近辺の駐車場からでも馬券場に歩くから、土日営業なのかな?
 それはそれでありがたいね。


 
人気ブログランキング

朝見かけた雉は

 先日の朝畑の近くで雉の声が。
 近くに行くと、小高い土盛りの上に雉がスックと立ってた。
  DSCN4965
 そうはいってもあまり近づけないから、ボヤボヤの写真だけれど。
 しばらく見てると、また鳴いた。
 鳴く時に羽を震わせながら鳴くんだな。 
初めて見たヨ。
 エネルギー使うんかな?
 そして、草むらの方へ行ってしまった。
 そーいや雉はまだ食べたことないな...。 

キタアカリの素揚げ

 このところ新じゃがが農産物直売所に並び始めてる。
 先日農産物直売所に行ったら、キタアカリの小さいのが安く売られいたのでゲット。
 1kgくらい入って 100円ほど。 安いです。
 小さいから皮ごと素揚げに。
 良く洗って半分に切ったものを、天ぷら用の鉄のフライパンでじっくりと揚げ、塩を振るだけ。
  DSCN4961
 茹でたのに塩とバターもいいけど、素揚げもいい。
 中身のホクホクと、皮目の香ばしさがいい。
 市販の皮付きのフライドポテトとは比較にならないくらい。
 食べ杉に注意だけどね。

 人気ブログランキング
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ