オッさんの備忘録 (ぐだぐだな日々)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

2018年04月

S&B食品 きざみ青じそ

 スーパーに行ったら、チューブ入りの「青じそ」が売られてたんで、試しに購入してみた。
 商品は、S&B食品のチューブ入り「きざみ青じそ」。
  DSCN5316
 原材料は、青じそ調味加工品、食塩、ソルビット、加工デンプン、酒精、酸味料、香料、着色料、増粘剤、調味料(アミノ酸等)、と色々入ってる。
 色や香り、賞味期間を確保するには、必要なんでしょね。
 少し舐めてみると、わりと爽やかで、嫌な味がない。
 チューブ入りのしょうがは、何かケミカルな感じで使う気になれないけど、これは個人的にはアリです。
 で、刺身の薬味に使ってみました。
  DSCN5299
 北海道のつぶ・ホタテ、宮城の水ダコ。
 素材がいいので、きざみ青じそを使う必要もないかな。

 そのあと、奴にも使ってみた。 奴には合う。
 今度はそばに使ってみよう。
 青じそは買うと高いので、チューブ入りはちょいと味変にいいかもしれない。

フキと豚肉の炒め煮

 農産物直売所でフキが売っていたのでひと束購入した。 130円なり。 安い。
 フキはウド同様に皮を剥く必要があるが、アクが強いので、そのまま剥くと手や爪が茶黒くなる。
 それを避けるため、サッと茹でてから剥くといい。 簡単に剥けるし、色も付かないし。
 フライパンに入るくらいの長さに切ってから下茹でし、5cmほどに切って水にさらして、しばらく放置。
  DSCN5303
 あとは、ウドとまんま同じ方法で仕上げるのみ。
 先にフキをいためて、豚肉を投入、醤油・みりん・酒で味付けし、水分が飛ぶまで炒め煮に。
 最後に胡椒を振って出来上がり。
   DSCN5310
 茶色いおかずの完成だ。w
 ふきのとうもいいけれど、茎の部分もいい。 後味すっきりで春らしい。
 とはいえ、ものぐさなオイラとしては、皮を剥く手間がちと面倒くさいかな。

魚の四文屋 甲府駅前店

 魚の四文屋 甲府駅前店に行ってみた。


 公式呑みの帰りに、相方と待ち合わせて。
 そして刺盛りと天ぷらつまんだあとに、相方は握りを食べたような。
 ような? 記憶が曖昧。 そう、完全に酔っ払ってて、断片意的にしか憶えていない。
 やらかしたな...。
 相方は美味しいと言ってた。
 クオリティはそこそこいいんではないかと。
 換気がもう少しいいといいかな。
 あと、某ログに営業時間が掲載されていないが、15:00~となってる。

久々に雉を見た

 駅に向かう途中、雉を発見。
 田んぼの真ん中あたりにいて、相方が写真を撮り始めると、速足で移動を始めて、道路を横切り、別の田んぼに入り、現在の棲み処とみられる草むらの手前の少し高い場所に立ち止まり、スックと背筋伸ばして「ケ・ケーン!!」と雄叫びをひとつ。
 元気に暮らしているようで良かったヨ。
 ところで、この雉に相棒はいないのか? などと、雉ごとながら気になってしまった。w


 そういえば、この一週間の朝麺家麺は、袋入り茹でそばの温まぜ。 残り物と茸類に、気分で納豆のせて。
 話が飛びすぎか? まあいいや。
 その日は、サラダが残っていたので、レタス・きゅうり・舞茸・エノキ・大根おろし。
 節粉とめんつゆをのばして、グルグル混ぜて喰らう。
 それにしても、温つけと温まぜとでは、どちらが塩分摂取量が多いんだろ?
 気にするようなら、食べなきゃいいんだけど、やめられないのねー。

ウドと豚肉の炒め煮

 農産物直売所でウドを購入した。
 山ウドもあったが、貧乏性のオラは長いウドの方を購入。
 細長いのが3本入って250円。 破格だ。
 いつものように、皮を剥いて5cmほどの長さに切って、豚肉と炒め、醤油・みりん・酒で味付けし、水分が飛ぶまで炒め煮に。
 最後に胡椒を振って出来上がり。
   DSCN5297
 茶色いおかずだ。w
 葉の部分も使ったので、より香りが爽やかで、後味がすっきり。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ