オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

2018年05月

久々の新宿

 久々の新宿。
 西口のしょん横。
 お店を覗いたら満席。
  DSCN5392
 また次回に行きましょ。

うまい!大衆そばの本(名店めぐりと個性派メニュー)

 やと届いた。
  DSCN5391
 時間がなくて、さわりしか読んでいない。
 急ぐ必要もないんで、のんびり読もう。

久々の吉田のうどん

 久しぶりに郡内*に出掛けたんで、お昼は吉田のうどんを食べることに。 連れてってもらったんだけどね。
 でも富士吉田市内ではなく、大月市のお店に。 お店の名前は、まんま「吉田屋」。
 吉田のうどん屋らしく、民家の玄関 + 土間 + 台所をを改修したみたいな割と狭めな店内と、居間として使っているような8畳間くらいの畳の部屋に2卓のみ。 壁に命名札が張ってあるのがなんとも微笑ましい。
 どちらかというと、こじんまりとしたお店だね。 
 メニューは、かけ 500円 ~ と、吉田のうどん屋としては高い印象。
 吉田のうどんはだいたい、かけ 400円ほど。 天 80円は安めかな。
 何にするかと考えたものの、肉うどん 650円はちと高いな~と思い、かけ 500円 + 天 80円 = 580円を発注。
 さほど待たされずにかけうどんが到着。 天は後から持ってきてくれるとのこと。 あと、なますのような甘い味付けの大根の漬物がついてきた。 複数人で行ったんで、気恥ずかしくて写真は撮れなかった。
 吉田のうどんということで、かけにはデフォで茹でキャベツと刻み揚げが乗っている。
 麺量は大盛くらいの量なので、500円は妥当なところか。
 天もすぐに届き、ブツは、揚げたての 3cmほどの高さのあるセルクル成形のかき揚げなので 80円は安いね。
 つゆは煮干しだしの効いた味噌と醤油の合わせたもので、濃さもちょうどよく好みの味。
 麺は吉田のうどんとしては柔らかめかな。 普通なら腰があると表現するんだろうけど、吉田のうどんとしては柔らか目かなという印象。
 朝うどんが食べられた、甲府市の市場場外にあった「明見」が移転してしまってからとんとご無沙汰だったから、何年ぶりだろ? というくらいお久しぶりの吉田のうどん。
 やぱ、いいね! 固めの麺が好きなので、も少し固いうどんを食べに行きたいな。
 オラは昼には呑みたいから、朝から営業してくれるお店がないのが痛いな~。
 そだ、普通にスーパーで吉田のうどんの麺が売られているから、自分で作ればいいんか。 味噌汁作るみたいに煮干で出汁取ってね。

 甲府で食べられる吉田のうどん屋を探していたらこんな記事を見つけた。 何かいいね。
 超がつくほどの有名店だけど、実はまだ訳あって行けていないんだよな~。


 

糠どっこ

 農産物直売所で自家製の糠漬けが少量置いてあるので、あるときにはひとパック購入していた。
 大根、胡瓜1本、人参1/2本入って170円。
 安いしなかなかいける。
 このところ夏野菜が出回るようになってきたんで、自分で漬けるかということになり、糠床を購入してみた。
  DSCN5380
 スーパーで398円で売られてたやーつ。 水を混ぜる必要もなく、ただ野菜を入れるだけで糠漬けができるのは楽ちんだ。
 インターネットの広告とか見ると、京都の漬物屋さんのとか3千円を超えるのもあったりと、とても手が出せないのと違って、破格な値付けだ。
 裏の原材料を見ると、課長を使っていないみたいなんで、それもいいね。
 冷蔵庫に入れておけば、1週間に1度かき混ぜればいいみたいなんで、毎日の手入れ不要は、ものぐさなオイラにピスタチオ。

 ちうことで、胡瓜とカブを漬けてみた。 常温で4・5時間経った頃取り出してみたら、漬かってる漬かってる。
 最初は酸っぱいと書いてはあるものの、全然気にならずに美味しく食べられた。 相方もビール片手にペロリ食べてしまって、写真はナイス。
 それにしても、ただ野菜を入れてほっとくだけで美味しい糠漬ができてしまうのはありがたいな~。
 糠床は偉大だな。
 

BOOKOFF

 先日家の下駄箱を片付けていて、履けなくなった靴と、使わなくなったパン焼き器を売りに出した。
 フリマなどを使えばいいのかもしれないが、面倒なので、ブック・オフへ持っていった。

 売り場より、買取を待つ人の方が多いくらいで、また買取までの待ち時間も1時間だて。 混んでるな~。
 そして持参したのは、靴4足とパン焼き器1台。
 1時間後、売れたのは、靴2足とパン焼き器1台だた。
 売れると思っていた靴2足に値段が付かなかった。

 アメリカのブランドのトレッキング・シューズと、一応ブランドのビジネス・シューズが売れなかった。
 同じアメリカのブランドのスニーカーは売れたのに、トレッキング・シューズは需要がないんだろうか? なんとも釈然としなかったな。 まあいいんだけどね。

 その帰りに、洋服の○○に寄ったら、特価品のところで、掘り出し物の夏物スーツを安くゲットできた。
 得した気分で、靴が売れ残ったことを忘れてしまった。
 人間は、なんとも現金な生き物だな。
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ