オッさんの備忘録 (ダダを捨てろ!)

一日一麺・アル中ハイマのおッさんの備忘録 読んだ小説や食べたものなどをメモします

2019年03月

送別会の季節

 年度末になると、人事異動やら退職で送別会が続く。
 60歳定年で、その後は悠々自適に年金生活、なんてのは今現在はない。
 何かしら働いて、日銭を稼がないと暮らしていけない。
 手に職もないので、その後どうすればいいのか、不安になる。
 まだ少し先のことだけど、すぐ先のこと。
 今後どのような世の中で、どのような仕事があるのか?
 悩ましいな~。



グレッグ・ルッカ アティカス・シリーズ 後編

ボディーガードのアティカス・コディアックのシリーズ、後期の三部作
 ⑤ 逸脱者  講談社文庫 2006
 ⑥ 哀国者  講談社文庫 2008
 ⑦ 回帰者  講談社文庫 2010

 7作目は今回購入して、初めて読んだ。
 5作目の作品名のとおり、ボディーガードとしての物語より、メロドラマな要素が強くなり、実際にはシリーズとしては、6作目で終わっている。
 7作目は余談みたいなお話。
 さて、お次は何を読もうかな。

花粉症発症率ランキング

 先日ウェザーニュースに、都府県別花粉症発症率ランクという記事が掲載された。
  ※北海道と沖縄は除く
 したら、山梨県がダントツの1位! 2位以下は、群馬、静岡、埼玉、東京。
 山梨県は77%の発症率で、他の上位ランクは7割弱から6割強。
 見ただけで具合悪くなりそうだ...。
 4人中3人以上が発症していることになる。 すげーな。
 この季節、山梨では、薬もだが、マスクとティッシュの売り上げが跳ね上がるということか?
 下位は、青森、鹿児島、鳥取、岩手。 青森が31%と少ない発症率。
 森林の面積率も関係するかと見てみたら、都道府県格付け研究所というかHPによると、1位:高知県(83%)、2位:岐阜県(79%)、3位:山梨県(78%)。
 森林の面積率は、当然のことながら、東京・埼玉は低いので、直接の因果関係とは言えないのかもしれない。
 山梨の場合は、林業が盛んだったことから、そのことが原因となっているのかもしれない。
 このところの飛散量は、2桁台/㎡っで推移しているので、たらり~鼻から鼻水~、まではない。 
 しかし、こないだの土日は、鼻が詰まって夜中に目覚めて、鼻薬を吸って鼻が通るようになってからまた寝たんで、何だかやたら眠い。
 とにかく、早く終わってほしいな~。 マスクは鬱陶しいからね~。

グレッグ・ルッカ アティカス・シリーズ 前編

ボディーガードのアティカス・コディアックのシリーズ、前期の三部作
 ① 守護者  講談社文庫 1999
 ② 奪回者  講談社文庫 2000
 ③ 暗殺者  講談社文庫 2002

ボディーガードのアティカス・コディアックのシリーズ、番外編
 ④ 耽溺者  講談社文庫 2005

 またまた読む小説がなくなって、掘り起こしてきた、ボディーガードの主人公アティカス・コディアックのシリーズ。 
 銃や兵器が入手しにくい日本では、民間警備会社による近接警護の需要はあんまりないかも。
 アメリカだと民間軍事会社もあるし。 おっかねー国だな。
 ボディーガードがどんな風に警護するのかは興味があるところだが、このシリーズは、メカニカルや
テクニカルな部分より、ウェッティー?というか、メロドラマチックな人間関係などを描くことで成り立っていて、読んでて面倒くさいなと感じることもあり、スカッとするような物語ではない。 まあ、好みの問題なのでね。
 なんだか、A・J・クィネルの燃える男を思い出した。
 それにしても番外編は、余計な物語だたな。 物語に厚みが出るというより、なんだかなな印象付けをするだけになてる気がする。

 先日、甲府地方市場の開放日があり、という記事を書いたがその続編。
 当日、相方と別行動で好き勝手に動いていたら、相方が蛤をゲットしてきた。
 3袋で1000円。 アサリとしじみもあって、よりどり3袋で1000円。
 で、すべて蛤を購入したそう。
 蛤というと潮汁、焼き蛤、酒蒸しくらいしか思いつかない。
 自宅で焼きは困難なので、潮汁をアレンジして秋田のそうめんを入れてみた。
 田ゼリも少々使って。
  DSCN5643
 昆布で出汁を引いて、その出汁に蛤を入れて、塩で味を調えていったん冷やし、
茹でて〆たそうめんにかけて出来上がり。
  DSCN5646
 えのきも入ってるが、大きな蛤ごろごろで、なんとも贅沢なそうめんだ。

 そういや、蛤と菜花の相性が良かったな。 菜花ももお終わりだから手遅れだけど。
 ところで、煮ハマはどうやって作ってるんだろ?
 寿司屋の煮物は難しいんだろうな。 手間暇かかるという話だし。
 身も大きくて相方はたいそうご満悦。 春らしいかな?
最新コメント
プロフィール

マラディエ

アクセス
  • 今日:
  • 累計:

楽天市場
Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ