作品:十一番目の戒律 新潮文庫

 著者:ジェフリー・アーチャー

 内容:「BOOK」データベースより
  CIAの天才的暗殺者コナーは、南米での任務を終えた後、大統領から直々
 の電話を受けて再び不可能な任務に挑むことになった。ロシアに入国し、次
 期大統領 候補の命を狙うのだ。しかし彼の周囲には周到に仕組まれた幾重
 もの罠が…。天才的暗殺者はCIAの第11戒(汝、正体を現すなかれ)を守れる
 のか。CIA とロシア・マフィアの実体が描かれていると大評判の、サスペンス
 長編。
  
 メモ:
  この作者の作品は初めてだったけど、なかなか気に入った。ジャンル的に
 読みたいと思えるのは他にあんましないから、この1作で終了かも。結末が
 予想どおりな作品だけど、涙ちょちょ切れるようなお話。殺人ばかり読んでる
 と、たまにはこういう作品もいいかと。