作品:逸脱者 講談社文庫

 著者:グレッグ・ルッカ

 内容:「BOOK」データベースより
  世界的に著名な要人を窮地から救ったことで、一躍全米中の注目を集めた
 アティカスは、再び同じ要人の警護を依頼される。危険人物と思しきストーカー
 が浮か び上がり、すぐさま調査に乗り出す。すると、プロの暗殺者がアメリカで
 活動をはじめたとの情報が入る。暗殺者の狙いは警護対象者か、それとも―。

  警護対象者の女性が、女暗殺者ドラマによって誘拐された。アティカスは、ド
 ラマの要求に従って自分と要人の身柄を交換するが、ドラマの要求はそれだけ
 にと どまらなかった。本当の目的は別にあったのだ。期せずして暗殺者と行動
 をともにすることになったボディーガードのもとに、もうひとりの暗殺者が現れる。

 メモ:
  ボディーガードのアティカス・シリーズ第5弾。シリーズ物としては、他に行くとこ
 ろがなくなってしまったのかのような展開。