作品:硝子の暗殺者 扶桑社ミステリー

 著者:ジョー・ゴアズ

 内容:BOOKデータベースより
  元CIAの暗殺者ソーンは、妻と娘を亡くして以来アフリカに移住していたが、
 突然密猟容疑で逮捕される。だがこれは彼を秘密任務につけるためのFBIの
 罠であった。その任務とは新大統領の暗殺阻止。実は暗殺犯のコーウィンは
 経歴がソーンと瓜ふたつ。そこで、犯人と同等の力量を持つソーンにコーウィン
 を追 跡させようというのだ。彼の過去に関する驚きの説明を受けたソーンは、
 すぐにコーウィンの調査を始めた…。 スリリングな展開と意外な結末。 ハー
 ドボイルド の巨匠が描く長編傑作ミステリー。

 メモ:
  なかなかええでえす。色々なジャンルの作品を書いているので、中でもこの
 作品に似たようなのを発注してみました。
  この作者の名前「ゴアス」だと思っていたら、「ゴアズ」なんですね。作品がな
 かなかヒットしないわけだ。