作品:暗殺阻止 上・下 ハヤカワ文庫

 作者:デイヴィッド・メイスン

 内容:「Book」データベースより
  IRAの爆弾テロ事件の現場で発見された秘密書類から、国際規模の要人暗殺
 計画が進行中であることが判明した。暗殺の実行にあたるのは旧東独国家保安
 警察シュタージ。実行者は人間ではなく、IRISというコンピューター制御の自動狙
 撃装置だ。だが、標的が誰なのかわからない。英国情報部は計画の全貌を掴む
 べく、元特殊部隊兵ハワードを隊長とする傭兵チームを、シュタージの本拠地が
 あるという北朝鮮に送りこんだ。
 
  元特殊部隊兵からなる傭兵チームは、北朝鮮に降下し、シュタージの基地へ侵
 入。幹部を尋問したすえ標的となる要人を突きとめる。だが、潜入の事実が北朝
 鮮側に漏洩し、脱出ルートを断たれてしまった。彼らは検問を突破し、陸路韓国に
 向かうが… 一方、自動狙撃装置はシュタージの手でホワイトハウス内に巧みに
 設置され、狙撃の瞬間を待ち構えていた! 名作『バビロンの影』に続く迫力と興
 奮みなぎる大型謀略サスペンス。

 メモ:
  
興奮みなぎる大型謀略サスペンス、かどうかさておき、前作よりはスピード感も
 あり、読みやすかった。 最初の誘拐の理由が最後に明かされるわけだけど、?
 ??な終わり方になってしまっているのは、なんだかな~な印象。
  さてと、次は誰のを読もうかな?