作品:バイオレント・サタデー 角川文庫

 作者:ロバート・ラドラム

 内容:「BOOK」データベースより
  ニューズ・ディレクターのジョン・タナーは、CIAのエージェントから驚くべき事実
 を打ちあけられた。彼の住む高級住宅地、サドル・バレーにソ連のスパイ組織
 ”オメガ”のアジトがあるというのだ。しかもその週末にタナーの家に集まる友人た
 ちの中に、組織の一員が含まれている......。
  タナー一家を囮に、CIAの組織壊滅作戦がスタートした。疑惑と混乱、そして凄
 まじい暴力の嵐の末に”オメガ”の正体があばかれたとき浮かびあがる意外な真
 相とは?
 
 メモ:
  どうもこの手の物語は読みにくい。設定がどうも合わないな。 ラドラムの作品
 を続けて読むかどうか躊躇してまうような、と言いつつ読むものもないので、次に
 行ってみましょ。