作品:メービウスの環 上・下 新潮文庫

 作者:ロバートラドラム

 内容:「BOOK」データベースより
  元国務省特殊部隊員ジャンソンは見知らぬ女性から、命の恩人であるピーター
 ・ノバックの救出を懇請される。ノバックはインド洋に浮かぶアヌラ共和国でイスラ
 ム過激派に捕らえられ、死刑を宣告された平和活動家である。ジャンソンはかつ
 ての部下を召集し急遽、アヌラへと飛んだ。一方、ワシントンでは5人の政府高官
 が“メービウス計画”を検討していた。巨匠の遺作、ついに登場。

  ジャンソンらによる救出作戦は成功間際で悪夢と化した。その後ジャンソンは再
 三にわたって、命を狙われる。誰に、そしてなぜ狙われているのか―彼はただ逃
 げ惑う。そんな折、彼はジェシカというスナイパーと接触。ノバックに関する驚くべ
 き事実を知らされる。そして、“メービウス計画”に参加したメンバーは立て続けに
 謎の死を遂げていた。世界規模の陰謀が静かに動き始めていた。

 メモ:
  いつもの展開なラドラム作品。いいんだか悪いんだか。とりあえず、違う作者に
 向かうことにします。