作品:迷宮の暗殺者 ヴィレッジブックス 2004

 作者:デイヴィッド・アンブロワーズ

 内容:「BOOK」データベースより
  合衆国政府と密接に結びつく秘密機関に所属するチャーリー・モン
 ク-- 高度な訓練と天賦の才によって、超人的な反射神経と体力
 とを身につけた彼は(コントロール)命じられるまま、どれほど困難な
 極秘任務であろうと完璧に遂行した。金も女も不自由しない彼が、折
 に触れて思い出すのは生き別れになったキャシーのこと。ある日、彼
 の前にそのキャシーが姿を現わした。チャーリーは、思わず彼女に話
 しかけた。それが恐るべき悪夢の迷宮の扉を開くとは露ほどに知らず
 に・・・・・・。
 トリッキーなストーリー・テリングで知られた鬼才がが放つジェットコー
 スター・サスペンス!

 メモ:
  暗殺者のタイトルに食いついて買ったはいいけど、読み進むうちに、ミュータント
 だの、チンパンジーなど出てきて、これがサスペンス? SFだろということになっ
 て一気にテンションだだ下がり。 結末も何だかな~な、オイラにはご縁のない作
 品ということで。

 人気ブログランキング