作品:究極兵器コールド・フュージョン ハヤカワ文庫 2007
 作者:クリス・ライアン
 内容:「BOOK」データベースより
   湾岸戦争で捕虜になり、心に深い傷を負ってSASを退役したニック
 妻に先立たれ、彼は科学者になった娘のセアラを大切にしていた。だ
 が、その娘が姿を消した。彼はSAS隊員でセアラの恋人のジェドと行
 方を追う。が、ジェドは大量破壊兵器の存在を探るためイラクに 送ら
 れた。そして、セアラが重大な研究をしていたことを知ったニック もバ
 グダッドに向かう。イラク戦争を題材に巨大な謀略と壮絶な戦闘 を描
 く冒険巨篇。

 メモ:
  今回の作品の設定もそうだが、現場で活動する人間を単なる駒と
 考え情報は極力与えずに、過酷な状況に放り投げる官僚?政治家み
 たいに野心満々な人達に翻弄されるといった物語。 何か似たような
 話を読んだような気がする。 良くある話っちゃ、話なんだけどね~。
 まあボチボチでんな。
 
 
人気ブログランキング