作品:ミソサザイ作戦 準備完了 文春文庫 1994
作者:ジョン・ガードナー
内容:「BOOK」データベースより
 ホルムズ海峡で日本のタンカーが謎の襲撃を受けた。犯人探しに全世界が注目するなか、MI6はある会話を傍受した。 タンカー襲撃はBASTなる新たな無政府主義者連盟の仕業で、しかも超大物の集う航空母艦を襲う予行演習だったらしい。 ボンドは海軍に現役復帰、ボディガードとして船に乗りこむが、あやしい美女達が現われて…。

メモ:
 メインの舞台となるシチェーションがなんとも不自然な印象があり、スケールも大きいんだか小さいんだかな、どうも中途半端な感じが最後までつきまとう。
 必要以上に、敵・味方が錯綜するのもいいような悪いような。 と、批判的なコメントになってるのは、少々この作者の作品に飽きてきたからか? まあ、あと2作ですヨ。

 
人気ブログランキング