クレイグ・トーマスの作品について、一旦整理しておこ。

○ラット・トラップ 1976 ハヤカワ文庫 ⇒ ヒラリー・ラティマー(ハイジャック対策本部長)
○ファイアフォックス 1977 ハヤカワ文庫 ⇒ ミッチェル・ガント(米空軍パイロット)
○狼殺し 1978 河出文庫 ⇒ ケネス・オーブリー(SIS・SO-4部長)
○モスクワを占領せよ 1979 毎日新聞社 ⇒ ?(未入手)
○レパードを取り戻せ 1981 ハヤカワ文庫 ⇒ パトリック・ハイド(SIS工作員)
○ジェイド・タイガーの影 1982 ハヤカワ単行本 ⇒ オーブリー(SIS副長官)
○ファイアフォックス・ダウン 1983 ハヤカワ文庫 ⇒ ガント(米空軍パイロット)
○闇の奥へ 1985 扶桑社ミステリー ⇒ オーブリー(SIS長官)&ハイド
○ウインターホーク 1987 扶桑社ミステリー ⇒ ガント(米空軍少佐)
○すべて灰色の猫 1988 扶桑社ミステリー ⇒ オーブリー(元SIS長官)
○高空の標的 1990 新潮文庫 ⇒ オーブリー(JIC英合同情報委員会委員長)&ハイド
○DC-3の積荷 1992 新潮文庫 ⇒ オーブリーハイド
○救出 1993 新潮文庫 ⇒ ハイド(元SIS工作員)
○無法の正義 1995 新潮文庫 ⇒ アレクセイ・ヴォロンツィエフ(ロシアの刑事課長)
○ディファレント・ウォー 1997 小学館文庫 ⇒ ガント(国家安全運輸委員会調査員)
○闇にとけこめ 1998 新潮文庫 ⇒ オーブリーハイド

ガント、オーブリー、オーブリー&ハイド、その他みたいにだいたい分類できるか?
ガントは読んだんで、その他を読んでから、オーブリー&ハイドの方へ行きましょかね。

 人気ブログランキング