作品:七月の暗殺者 上・下 創元推理文庫 2005
作者:ゴードン・スティーヴンズ
内容:「BOOK」データベースより
 ベルファスト、7月12日 ― オレンジ・デイ。 獄中の同志たちを救うためIRA暫定派の闘士たちが立ち上がった。 祭日の行進は暴動と化し、爆弾を搭載したショベルカーが刑務所へ走る! その陰で王室を標的に、別の作戦が開始された。 工作員“スリーパー”とは何者か? MI5の覆面捜査官キャシー・ノーランは作戦阻止に乗り出す。 『カーラのゲーム』を超える硬質な冒険小説。

 イギリスに潜入して機を待つ“スリーパー”。標的は皇太子か、皇太子妃か、それとも女王か? 盤面の敵に翻弄されるMI5。 一方、ベルファストに、ダブリンに、IRA暫定派を追うキャシーだが、彼女自身にも刺客が! やがて、攻防の果てに現れた一人の女 ― 彼女が秘める過去とは? ルールなきゲームは破局へ。 英国冒険小説の雄が重厚かつ緻密に描く、北アイルランド紛争の裏面。
 
メモ:
 北アイルランドの紛争に関する作品は、独特の陰鬱さに気が滅入るような作品が多い気がする。
 カトリック、プロテスタントとか、対立する派閥というか名称がいくつもあり、とてもわかりにくい。 イギリス側も色々で訳がわからん状態。
 爆弾や襲撃に怯えて暮らす世界はどんなだろうって?生きた心地はしない世界だろうし、知りたい世界ではない。
 作品としては、前に読んだ作品同様、わりと良く出来ているかな?



 
人気ブログランキング