作品:アップ・カントリー <兵士の帰還> 上・下 講談社文庫 2003
作者:ネルソン・デミル
内容:「BOOK」データベースより
 陸軍犯罪捜査部を辞めたポール・ブレナーは、かつての上司カール・ヘルマン大佐に呼び出された。 一九六八年、ヴェトナムの戦場でアメリカ軍大尉が中尉を射殺した。 目撃者の北ヴェトナム兵を捜す極秘依頼―。当時兵士だったブレナーは、いまふたたびヴェトナムの地を踏む。 傑作『将軍の娘』を凌ぐ続編。

 現地協力者にして美人キャリアウーマンのスーザンを道連れに、ブレナーはヴェトナムを“田舎のほう”へ向かう。 移動手段を断たれ、警察に追われる苛酷な旅路に蘇る、凄惨な戦場の記憶。果てにたどりついた、米軍中尉殺しの驚愕の真相とは…。 これぞストーリーテラーの本領、巨匠デミルが贈る渾身の巨編。

メモ:
 本がぶ厚い。 上巻 725頁と、普通ならこの長さで上・下巻になってもおかしくないくらいぶ厚い。 持ちにくい。
 ヴェトナムの話は、話題にことかかないから話が長くなるのかもしれない。
 それは、物語に厚みを持たせるためなんだろうけど、登場人物の無駄な会話や行動を書き加えるのは何の意味のあるようには思えず、また、物語が遅々として進まないから頁を飛ばし飛ばし読んで、それでも読み進めるのもひと苦労だった。
 この作風にもいいかげん飽きてきたぞ。 「これぞストーリーテラー」ってこういう作家のことを指すのか?
 というわけで、今度は違う主人公のシリーズが何作かある。 思いやられるな~。

 人気ブログランキング