作品:裏切りのスパイたち 二見文庫 2008
作者:ゲイル・リンズ
内容:「BOOK」データベースより
 国を裏切り投獄されていた元CIAの凄腕スパイ、ジェイ・タイスが突如、脱獄した! 手負いの獣を追うハンターに抜擢されたのは、CIAの女性工作員エレーヌ。 かつて冷戦時代の英雄とまで称えられたタイスは、なぜ祖国に背を向けたのか? そして今なぜ脱獄したのか? 過去に葬られたはずの秘密が明らかになるにつれ、いつしかエレーヌもまた、追われる立場に…。 決死の逃避行をくり広げる彼女の前にタイスが現われ、衝撃の真実を告げる。 冷戦と呼ばれた闇に潜む、本当の裏切り者とは…? 迫真の傑作スパイ・スリラー。

メモ:
 伝説のスパイマスターがダブルだった、という物語はけこある。 この作品は脱獄から始まるが、それ以前の物語が描かれていれば、上・下巻の作品としても面白いんではないか?と思うくらい楽しめた。

 人気ブログランキング