作品:運命の強敵 ハヤカワ文庫 2012
作者:ジャック・コグリン、ドナルド A.デイヴィス
内容:「BOOK」データベースより
 米国海兵隊のスナイパー、カイルは表向きは死者として埋葬されたが、極秘部隊の中心人物として戦っていた。 ある日、イランで開発が進む秘密兵器の情報を米国に伝えようとした科学者が射殺された。 犯人は悪名高いスナイパーのジューバ。 彼はある目的のため秘密兵器の実験を敢行、多くの死者を出す。 一方、カイルはイランでの調査を終え、ジューバを追いつめていく。 浅からぬ因縁を持つ二人のプロの対決を描く冒険アクション。

メモ:
 カイル・スワンソンシリーズ第2弾。
 テロリストとして活動するジューバを追うことになるが、その正体はいかに?

 
人気ブログランキング