エフメイド 200Vフライパン 26cm 使ってみた。
 何を焼こうかと記事に書いたが、早々にその機会がやってきた。
 今回持ったら、重みはやぱあるな。 いーかげんなやっちゃ。
 焼いてみたのはワンタン。 ワンタン普通は焼かないけど、餃子より軽快な仕上がりで、揚げと違い、油っこくないんでね。 我が家の定番 death!
 写真はあいかわらずなし。 フライパン洗ったりしなくてはならないし、早く食べたいしでね。
 だから、またフライパンの写真だ。
  DSCN4970
 しょないだが、この写真使用前ではなく、使用後。 色濃いところが焦げたところ。
 最初に油を大匙1くらい入れたけど、つるつるな表面で、油が馴染む感じではない。
 しょうがないから、そこにワンタン投入。 油がないところが焦げたんでしょうね。
 少し火を入れてから、水を入れて蓋をして、しばし放置。
 音が変わってきたら、蓋とって、焦げ目がつくまでまた放置。
 見た目端が茶色っぽくなったら、皿を乗せてひっくり返すと出来上がり。
 酢と醤油とからしで食べるのが好み。相方はからしの代わりに七味を入れる。 人それぞれ。
 で、一口。 そしたらあーた、鉄鍋餃子か! いや、鉄鍋ワンタンか!ってくらいにカリカリ通り越してガリガリの仕上がりに。
 全然違う!!
 イメージとしては、クレームブリュレのキャラメリゼの部分みたいくらいにカリッと仕上がってる。
 これはハマるな~。

 人気ブログランキング