Salade de riz = ライスサラダ。 
 夏の定番のライスサラダ。 またまた登場。
  DSCN5048
 いくらフランス語で書いても、中身は日本的。 エルブ・ド・プロヴァンスではなく、日本のハーブの紫蘇や茗荷使ってるからね。
 最近の若い人は、お米をひと月口にしないこともある人がいる、とかいうアンケート調査結果もある。
 育ち盛りの頃にはどんぶり飯で育ったオイラには、どんぶりが今では茶碗に代わっても、一日一度もお米を口にしないなんてことは考えられない。
 また、最近流行りの「糖質制限ダイエット」やら「低炭水化物ダイエット」やら。
 炭水化物を摂らなければ、いくらでも肉や魚などを食べてもいいというような説まであるが、おかげで、回転寿司で、酢飯を残すという暴挙をする輩が出るのは、脳足りんなのか? 刺身を食べればいいんではないか?
 なんてことをつらつらと考えてしまう、オイラがおかしいのか?
 どーでもいい話だが、ライスサラダ。
 サラダにするだけで糖質を摂取する罪悪感が薄れるのは気のせいだけど、レジスタントスターチという諸説もあるので、晩のつまみにもいいかなという気になる。
 レジスタントスターチについては、ググってもらうということで、要は吸収されにくいということらしい。
 そんなつまらんことを考えずに、日本人なら飯を喰え!! death!!