作品:暗号名ゼブラをあばけ 二見文庫 1990
作者:ショーン・フラナリー
内容:「BOOK」データベースより
 〈ゼブラ・ワン、ゼブラ・ツー〉この謎の暗号名を情報提供者の口から聞いた直後、モスクワ駐在のCIA局員マカリスターはKGBに捕えられた。 そして拷問を受けるが、不可解なことに突然本国へ送還される。 が、空港に降り立った瞬間から彼を待ち受けるのは、意外にも米ソ双方の暗殺集団の罠。 決死の逃亡を開始した彼が生き延びる途はただひとつ、〈ゼブラ〉の正体をあばくことだけだった。 謎とアクションが横溢するスパイ小説巨篇。

メモ:
 誰がどちら側なのか、最後までよくわからない。 そして時々前の作品の主人公の名前が出てくる。
 この作品もスパイ・アクションのよう。