先日、懇親会でワインを呑む機会に恵まれた。
 山梨ならでは、ということで、県産ワインボトルが何本も開けられた。
 その内の1本が、こちら。 中央葡萄酒のキュヴェ三澤。
 売値はいくらか知らないけれど、入手困難な1本なので、お店で開けるとけこお高いんではないかと。
 2015のヴィンテージだったが、正直若すぎた。 基本ワインは熟成させないと、ポテンシャルを発揮できないと思う。
 そして、ホームページ見るまで品種がシャルドネということを知らずに、甲州だと思い込んで呑んだので、甲州のワインとしての味を理解しようとしたので、評価はそれほどでもない印象だった。
 ワインの温度が低すぎたのと、ビールを沢山呑んだ後だったことも影響しているかもしれない。
 お店で、ビールもワインも冷しすぎなんだよね。 冷せばいいってもんではないのにね。
 感想としては、葡萄の産地は冷涼な明野村なのの影響か、とてもドライで、削ぎ落とされたキレのいい味わい。
 ボリューム感や、果実味はあまり感じなかった。 とはいえバランスのいい、とてもソリッドな印象だた。
 実は、シャルドネは特徴のない品種だそうで、土地によってカメレオンのように味わいが変わるそう。
 南の方ではトロピカルフルーツのように、北ではモンラッシェのような妖艶なものになるように。
 山梨産のシャルドネを呑んだ記憶もないから、今思うと、明野村の大地で育つとこうなるのかな?というか、なんとも不思議な1本でした。
 シャルドネもいいけど、やぱ土着の甲州がいいかな。 世界と戦えるのは固有品種なんでね。
 ご馳走さまでした~。