1月23日の夜、テレビを見ていたら、アラスカ沖で大規模な地震が発生、とのニュースが流れた。
 当初マグニチュード8の発表で、太平洋の広域に津波到達の可能性があるとのことだった。
 その日は草津白根山が噴火し、死傷者も出るという予測していなかった自然災害も起きていたので、遠くの地震とはいえ、津波の影響が大きく出ることがあるので、こちらの方も心配に思っていた。
 けれど、影響は知らないまま寝てしまったもうろくジジイのオラは、翌朝ニュースを見て、影響なしでひと安心。
 それから朝麺ちゃちゃっと作ってブログ記事読んだりしていたら、相方が起きてきたので、

  オラ:アラスカ沖の地震、津波の影響なかったってさ、よかったね。
  相方:ああ、あのマグニチュード?
  オラ:へっ?「あのマグニチュード」ってなんスカ?
  相方:あ、ほら、マグニチュード。
  オラ:・・・、地震だよね。
  相方:そうそう、地震、ネ。
  オラ:マグニチュードは、地震の規模でしょ!!
 
 と、朝からおかしな相方に血圧が上がりまくりでした。

 御嶽山といい、草津白根山といい、観光収入源でもあるけれど、活火山があるところは、予測できないだけに怖いものがありますね。
 富士山は大丈夫なんかな?