作品:カストロ謀殺指令 上・下 新潮文庫 2010
作者:デイヴィッド・L・ロビンズ
内容:「BOOK」データベースより
 毒殺、爆殺、刺殺、射殺…。 1961年、革命後のキューバではカストロを狙った様々な試みが繰り返し企てられたが、すべて未遂に終わっていた。 そんな折、研究のためハバナを訪れていた暗殺の専門家ラメック教授にCIAが接触。 完全無欠な暗殺計画に加担するよう脅される。 弱みを握られ、しぶしぶ同意したラメックは、秘密警察の監視下に置かれるが。 史実を基にしたサスペンス巨編。

 ラメックはソ連から来た狙撃手の訓練と、ボツリヌス菌カプセルの運び屋をCIA局員から命じられる。 ソ連も何らかの形でこの計画に絡んでいるのか? 手段は射殺なのか、それとも毒殺なのか? アメリカでは反カストロ派の亡命キューバ人が祖国奪還のため蠢動している。 詳細を知らされていないラメックは、敵味方もわからぬまま、歴史が大きく動く瞬間へと引き寄せられるが…。 

メモ:
 カストロが実際に何百回という暗殺計画を生き残ってということに驚くが、この作品も暗殺にまつわる物語。
 CIAだけでなく反体制派やKGBもからみ、敵味方の色分けも明確でないような複雑な様相を呈していく。
 そして、狙撃手の本名が明らかになることにより、作者の次の作品が見えてくる。
 この作者の作品は史実に基づいた物語だそうなので、フィクションとはいえ、その時代を知るのにいいかもしれない。