作品:偽の特殊部隊 ハヤカワ文庫 1992
作者:アレグザンダー・フラートン
内容:「BOOK」データベースより
 アラブ・ゲリラに誘拐された英国人ジャーナリストを救出するため力を貸してほしい―。 SBS(英国海兵隊特殊舟艇隊)のノックス大尉の依頼を、元SAS大尉チャーリイは受諾、ノックスらと共にシリアに向かう。だが、彼はソ連の工作員で、チャーリイを利用して英国を揺るがす陰謀を実行しようとしていた。 それを察知した英国は陰謀を阻止すべく、SBSの精鋭チームを出動させた。 特殊部隊の死闘を描く、SBS三部作の完結篇。

メモ:
 三部作の最後の作品。 といっても各作品はSBSということだけが共通で、別々の物語というもの。
 酒で失敗した元SASが、ロシアの陰謀に徴募されて云々という話。
 酒びたりで女々しい主人公のお話でなんだかな~な感じ。