作品:謀略国家 二見文庫 2002
作者:ヴィンス・フリン
内容:「BOOK」データベース
 CIA秘密工作員で凄腕の暗殺者ミッチ・ラップは、テロリストを支援するドイツの実業家暗殺に成功した直後、サポートチームのひとりに狙撃される。 かろうじて助かったミッチはひそかに帰国し、真相を探りはじめる。 今回の任務を知るのは大統領とCIA長官、直属の上司のみ。 彼らの無実は確信したものの、ミッチの必死の探索に、手がかりの証人達は次々と殺されていく。 事件の背後には意外な人物の血なまぐさい謀略と野心が… スパイ・アクション小説の傑作。

メモ:
 スパイ・アクション小説、というとおり、アクション主体のお気楽小説。
 越後屋お主も悪よのう、というような物語。 気分転換にはいいかも。