~ 燕湯@御徒町の巻 ~
 久々の燕湯。
  DSCN5410
 毎度見事な生け花。
  DSCN5409
 時間が少し遅かったからなのか、脱衣場も風呂場も閑散とした燕湯。 珍しい。
 この日の湯は水色のなんちゃら。 なんだっけ? そんなことがぶっ飛ぶくらい、めちゃめちゃ熱い湯舟。
 痺れるような熱さで、若い兄ーちゃんが足を片っぽ入れて、断念して、もう一度トライして結局入れずに出て行った。
 オイラも5分くらいが限度で、一旦外に出て水かけてもう一度入って、泡風呂に移って下に足入れたらたら、5秒経たずに撃沈。 
 身体に悪いぞー。w ということも含めて燕湯ということで。