作品:かくも冷たき心  ハヤカワ文庫 1999
作者:J・C・ポロック
内容:「BOOK」データベースより
 CIAが旧ソ連からひそかに亡命させ、保護・監視していた元KGB大佐のマリク。 その彼が4人の女子学生を惨殺し、姿を消した。 外聞をはばかるCIAは内密裡に彼を捕らえることを決定、元工作員のカリーに白羽の矢を立てた。 カリーは不正事件で罪に問われ服役中だったが、自由と引換えに捜索に乗り出す。 かくして、プロ同士の熾烈な闘いが始まった! 冒険小説の旗手ポロックが新境地を開いたノンストップ・サスペンス。

メモ:
 猟奇殺人を行う人間は、だんだんエスカレートするらしい。
 塀の中に入っても、出てきたらまた同じことをするんだろうな。