作品:射程圏 ハヤカワ文庫 2001
作者:J・C・ポロック
内容:「BOOK」データベースより  裏表紙要確認
 ニューヨーク市警の刑事カービイは、マフィアのボス、ジェネロの逮捕に執念を燃やしていた。 彼はジェネロが会計士を殺害したことを知り、その現場を目撃していた高級コールガール、ニコールの身柄を確保する。 彼女の護衛に全力をあげるカービイだが、ジェネロはニコールを抹殺するために、完璧な仕事をほこる第一級のスナイパーを差し向けてきた… 辣腕刑事と凄腕スナイパーの死力を尽くした激闘を描くアクション巨篇。

メモ:
 証人保護プログラムというのは日本でもあるんだろうか?
 裁判で証言することにより、身の安全が脅かされるのであれば、証言しないという選択も出えてくるだろうからねぇ。