作品:最後の晩餐 上・下 扶桑社ミステリー文庫 1991
作者:チャールズ・マッキャリー
内容:「BOOK」データベースより
  合衆国情報〈機関〉の工作員であったポール・クリストファーはパリからヴェトナム戦争ただなかのサイゴンへ向けて飛び立った。 以前、彼は任地サイゴンで重大な情報を入手、そのため命を狙われていた。 今度のサイゴン行きはその敵に先手を打つためだった。 が、飛行機が離陸した直後、彼の恋人が殺された。 だがこれは連綿と続く謀略の罠の一環にすぎなかった…。
 現代アメリカ最高のスパイ小説作家、マッキャリーが壮大なスケールで放つ謀略のクロニクル。

 <ケネディ大統領暗殺は、ヴェトナム大統領暗殺の報復と思われる> かつてポール・クリストファーがつかんだこの情報のため、彼はヴェトナム北部フエに向かった。 しかし、彼の乗った小型飛行機は中国領土内に着陸。  そして彼は中国に対するスパイ容疑で秘密裁判にかけられ有罪判決を受け、単独強制労働の歳月が流れた…。 10年後釈放され、合衆国に帰った彼は罠を仕掛けた人間を捜し求める。 そしてかつての仲間たちが寄り集まった晩餐の席上で、恐るべき真相が明らかになった。

メモ:
 ポール・クリストファーが主人公の4作目となる。 というか、最終話という内容。
 ケネディ大統領暗殺事件がヴェトナム人の復讐というお話の続き。 諸説あるけれど、背景をまったく理解していないから、その信憑性から滑稽かまでどう理解すればいいんかわからない。
 ただ、この作品は、結果的にその話とはまったく関係がない。
 単なるダブル・スパイのお話。