作品:無法海域掃討作戦 ソフトバンク文庫 2012
作者:マット・リン
内容:「BOOK」データベースより
 ソマリア海を根城にする海賊の首領を生け捕りにせよ ― 中米の小国で麻薬組織の抗争に巻き込まれ、軍に拘束された元SASのウェストらは、突如現われたMI6のエージェントから告げられた釈放の条件をのみ、少人数の傭兵部隊を組織してソマリアへと向かう。 MI6主導のもと、仲間のひとりが発信器をつけて自ら海賊の捕虜となり、アジトを突き止める作戦だったが、その裏にはおそるべき真実が隠されていた…。 陰謀と裏切りが渦巻く危険水域で展開する決死の大作戦! 待望のシリーズ第3弾。 

メモ:
 ミリタリー・アクションでは、CIAやMI6などが兵士を陰謀に巻き込むというお話がよくある。 この作品もそのひとつ。
 元SAS隊員のスティーブ・ウェストが主人公の作品。 他の作品同様のドタバタ劇。