今年は、新米が並ぶのが早かったな。
 暑かったからだそうだ。
 山梨では、千葉の「ふさおとめ」が一番最初に店頭に並ぶ。
 その後に並んだんが茨城の「こしひかり」だた。
 「ふさおとめ」は、冷や飯で食べるともちっとしていて、なかなかいい。
 「こしひかり」は当然のことながら、腰と粘りが特徴で、力強い味わい。
 そうそう、最近「ささにしき」を見かけない。 山形の「はえぬき」も。
 どちらも旨い米なのに。
 日本では「こしひかり」至上主義的な扱いになてるから、需給のバランスはそちらにシフトするのはしゃーないか。
 多様なのがいいと思うんだけどね~。