最近マーク・グリーニーの暗殺者グレイマン・シリーズの6作目の「暗殺者の飛躍」を購入したので、最初の作品から読み返している。

 マーク・グリーニーの暗殺者グレイマン・シリーズ
  ・暗殺者グレイマン The Gray Man 2009年 2012年 9月
  ・暗殺者の正義 On Target 2010年 2013年 4月
  ・暗殺者の鎮魂 Ballistic 2011年 2013年10月 
  ・暗殺者の復讐 Dead Eye 2013年 2014年 5月
  ・暗殺者の反撃 Back Blast 2016年 2016年 7月 
  ・暗殺者の飛躍 Gunmetal Gray 2017年 2017年 8月
  ・暗殺者の潜入 Agent in Place 2018年 2018年 8月

 グレイマンと呼ばれる超人的な暗殺者コート・ジェントリーが主人公のスピード感のある物語。
 分類は何になるんだろ? スリラーとも、冒険小説とも違う気がする。
 スパイ小説でもないし。 暗殺者が主人公の作品はスパイ + 冒険みたいな要素があるかな。
 物語は暗くないし、ドンパチはあるし、スピード感あるし、暇つぶしにちょうどいいなちうことでね。