雨の降った翌朝、まだ路面が乾ききっていない状態の、集合住宅の北側道路を歩いたら、路面凍結していて転びそうになた。
 氷点下という感じでもなかったものの、凍っていた。 やはり北側は日陰だから冷えるんだな。
 南北の道路はだいぶ乾いている一方で、東西の道路は乾かずに黒っぽく濡れている。
 雪が降ったときも同様に、なかなか融けないのは東西の道路だ。
 その後、駅で電車を待っていると、通過する特急列車のパンタグラフから火花が散ってた。
 バチッ!、バチッ!と鳴りながら、散る火花が綺麗だた。
 これも冬の風物詩だ。