作品:暗殺者オファレルの原則 新潮文庫 1993
作者:ブライアン・フリーマントル
内容:「BOOK」データベースより
 オファレルは46歳のCIA暗殺工作員。妻には身分を偽り、他人の記憶に残ることを極力避ける。 家族を愛し、酒はマティーニを一日一杯。週末には必ず車を洗う。 そんな彼の原則が徐々に崩れ始めた。 娘の離婚騒動、孫を襲った麻薬疑惑、そして殺人という行為への罪悪感…。 だが、家族のためにもう一度だけやらねばならない。 彼は最後の標的、駐英キューバ大使リベラの元へと向かった。

メモ:
 フリーマントルの長編作品はある程度読んだと思っていたが、読んでいない作品を見つけたので購入。
 また、フリーマントル作品の短編集は基本読んでない。 短い作品は小説を読む楽しみが薄い?少ない?という気がするんで。
 で、この作品。 フリーマントルらしくない、というか、ロバート・ラドラム作品のような偏執的でヒステリックな展開。
 そして、想定できたにしても結末がなんともやるせない結末だったな。