作品:雪原の炎 ハヤカワ文庫 1992
作者:アリステア・マクリーン
内容:「BOOK」データベースより
 最新設備を誇るアラスカの石油基地にパイプライン破壊の予告状が届き、次いでポンプ・ステーションが爆破された。 油田事故調査員のダーモットは調査を開始、犯人が基地内部に潜んでいることを突き止める。 だが、ほぼ同時にカナダの油田にも同じ内容の脅迫が届けられ、今度は誘拐事件が起きていた。 二つの油田地帯を襲った黒い影を追って、ダーモットは極北の大雪原を駆ける! 巨匠が男たちの息詰まる対決を描く冒険小説

メモ:
 アリステア・マクリーンの作品を追加購入した2作目。
 内容そのものよりも、極寒のアラスカが舞台ということで、読んでるだけで寒々しい。
 現状はどうなのかわからないが、石油施設を破壊し脅迫することは簡単なのか?というシンプルな疑問が残るが、まあ暇つぶしにはなるかな。