~ リー・チャイルド ジャック・リーチャー・シリーズ ~
 暇つぶしに読むものもなくなったので、リー・チャイルドのジャック・リーチャー・シリーズ
を読み直してる。 小説に関して、健忘症はある意味いいことだ。
 とりあえず、自宅にあるのは、

  01 キリング・フロアー Killing Floor 1997年 2000年7月(講談社文庫) 
  02 反撃 Die Trying 1998年 2003年2月(講談社文庫)
  03 警鐘 Tripwire 1999年 2006年(講談社文庫)
  08 前夜 The Enemy 2004年 2009年5月(講談社文庫) 
  09 アウトロー One Shot 2005年 2013年1月(講談社文庫)
  14 61時間 61 Hours 2010年 2016年7月 (講談社文庫)
  17 最重要容疑者 A Wanted Man 2012年 2014年9月(講談社文庫) 
  18 ネバー・ゴー・バック Never Go Back 2013年 2016年11月(講談社文庫)

 番号のとおり、翻訳されてる作品はごく一部のみ。
 作品の主人公であるジャック・リーチャーは元軍人。 冷戦終了後の軍縮のあおりで、米陸軍憲兵隊捜査官陸軍を除隊したみたいな話だったけど、途中で明らかになる。
 その後は流れ者となり、アメリカ全土を放浪している。 その放浪先で事件に巻き込まれ、MP時代の経験や人脈をを生かして事件を解決していくという物語。
 桃太郎侍みたいな勧善懲悪なお話。
 アメリカが舞台だけど、イギリスの作家なんだよな。
 口コミでは、暴力シーンやセックス・シーンが多いため賛否が分かれている。
 嫌なら読まなければいいだけのことだと思うが、たくさん口コミがある。
 内容的には、推理や捜査よりもアクション寄りで、短時間で読めるから、難しい本を読みたくないときにはいいかもしれない。
 また、セックス・シーンが多いが、そこはいらないから飛ばしてる。 だから早いのか?
 「キリング・フロアー」~「前夜」までは、放浪してるけど家族の物語みたいな感じで、「アウトロー」からは連続した単発ものになる。
 途中で作風に飽きてしまったんで、その後は買っていない。
 兄を最初に登場させたことにより物語の幅が狭くなったのか?広がったのか?