作品:放たれた虎 ハヤカワ文庫 2017
作者:ミック・ヘロン
内容:「BOOK」データベースより
 〈窓際のスパイ〉シリーズ最新刊 英国情報部の落ちこぼれスパイたち、通称〈遅い馬〉のひとりで、
ボスのジャクソン・ラムの片腕の秘書キャサリンが、何者かに拉致された。 犯人の脅迫を受けたカートライトは彼女の身の安全と引き換えに、本部へ侵入して厳重に保管された情報を盗み出すことを引き受けるが・・・・・・ 仲間の危機、そして〈泥沼の家〉の存亡をかけて、ラムが重い腰を上げ、〈遅い馬〉たちの奮闘がはじまる!

メモ:
 元アル中という設定のキャサリンが拉致されたところから物語は始まる。
 このシリーズの設定が、ホワイト・ホールと窓際の対決みたいな形で構成されているため、そろそろネタ切れな感じもしないでもない。

備忘録として、

 ミック・ヘロン 窓際のスパイ・シリーズ
  01 窓際のスパイ Slow Horses ハヤカワ文庫 2014
  02 死んだライオン Dead Lions ハヤカワ文庫 2016
  03 放たれた虎 Real Tigers ハヤカワ文庫 2017