作品:上空からの脅迫 ハヤカワ文庫 1992
作者:スティーヴン・L・トンプスン
内容:「BOOK」データベースより
 〈奪還チーム〉離脱後、あの異常な体験で消耗した心身を癒やすため、モスはフロリダに帰ってきた。 そこで、古い小型機を心底愛しむ元海軍パイロットに出会い、操縦免許を取得する。 一方、イスラエルから秘かに運ばれた核兵器が、ホワイトハウスを上空から狙うという悪夢が現実に。 電子機器を使用した最先端の迎撃システムを駆使して、モスはこれに立ち向う。注目のシリーズ第4弾。

メモ:
 <奪還チーム>のマックス・モス・シリーズの4作目、手持ちの最後の作品。
 今回は、父親の会社で製作された無人機を使い、テロリストと戦うという設定。
 アメリカの作品にありがちな不必要なラブ・ロマンスもあって、そこはなんだかな~な印象。