先日、甲府地方市場の開放日があり、という記事を書いたがその続編。
 当日、相方と別行動で好き勝手に動いていたら、相方が蛤をゲットしてきた。
 3袋で1000円。 アサリとしじみもあって、よりどり3袋で1000円。
 で、すべて蛤を購入したそう。
 蛤というと潮汁、焼き蛤、酒蒸しくらいしか思いつかない。
 自宅で焼きは困難なので、潮汁をアレンジして秋田のそうめんを入れてみた。
 田ゼリも少々使って。
  DSCN5643
 昆布で出汁を引いて、その出汁に蛤を入れて、塩で味を調えていったん冷やし、
茹でて〆たそうめんにかけて出来上がり。
  DSCN5646
 えのきも入ってるが、大きな蛤ごろごろで、なんとも贅沢なそうめんだ。

 そういや、蛤と菜花の相性が良かったな。 菜花ももお終わりだから手遅れだけど。
 ところで、煮ハマはどうやって作ってるんだろ?
 寿司屋の煮物は難しいんだろうな。 手間暇かかるという話だし。
 身も大きくて相方はたいそうご満悦。 春らしいかな?