ボディーガードのアティカス・コディアックのシリーズ、後期の三部作
 ⑤ 逸脱者  講談社文庫 2006
 ⑥ 哀国者  講談社文庫 2008
 ⑦ 回帰者  講談社文庫 2010

 7作目は今回購入して、初めて読んだ。
 5作目の作品名のとおり、ボディーガードとしての物語より、メロドラマな要素が強くなり、実際にはシリーズとしては、6作目で終わっている。
 7作目は余談みたいなお話。
 さて、お次は何を読もうかな。