~ J.C.ポロック 作品 まとめ ~
 手持ちの作品はこんなんだったかと。
  ① 樹海戦線  ハヤカワ文庫 1986
  ② ミッションMIA  ハヤカワ文庫 1987
  ③ トロイノ馬  ハヤカワ文庫 1988
  ④ デンネッカーの暗号  ハヤカワ文庫 1990
  ⑤ 復讐戦  ハヤカワ文庫 1991
  ⑥ 狙撃  ハヤカワ文庫 1993
  ⑦ 略奪者  ハヤカワ文庫 1994
  ⑧ かくも冷たき心  ハヤカワ文庫 1999
  ⑩ 射程圏  ハヤカワ文庫 1999
  ⑪ 終極の標的  ハヤカワ文庫 2002

 読む小説がなくなって、また掘り起こしてきた作品群。
 ⑤ 復讐戦、⑥ 狙撃、については、元デルタ・フォースのジャック・ギャノンが主人公の物語。
 その他の作品は単発もの。 ① ~ ④の作品は、メロドラマな要素が多くて今ひとつな印象。
 中でも、⑦ 略奪者、の出来がいいような気がする。
 最後の作品の最後の場面で、ヒロインが死んだ兄のお気に入りの言葉のひとつを思い出して、出てきたのが、「 ~ うしろを振り返ってもいいことは何もない。 首が痛くなるのがオチだ。」。
 確かにネ~。