~ アダム・ホール 英国情報部員クィラー・シリーズ ~

 翻訳されてる作品は、次のとおり。
  ① 不死鳥を倒せ(The Berlin Memorandum, 1965年) ハヤカワ文庫 1976年
  ② 第9指令(The 9th Directive, 1966年) ハヤカワ文庫 1982年
  ③ ストライカー破壊計画を追え(The Striker Portfolio, 1968年)
                                  ハヤカワ文庫 1981年
  ④ 暗号指令タンゴ(The Tango Briefing, 1973年) ハヤカワ文庫 1981年
  ⑤ ミグ戦闘機突入せよ(The Sinkiang Executive, 1978年)
                                 ハヤカワ文庫 1982年
  ⑥ さそりはモスクワに潜入した(The Scorpion Signal, 1979年) 
                                 ハヤカワ文庫 1980年
  ⑦ 北京暗殺団をつぶせ(The Peking Target, 1981年) ハヤカワ文庫 1983年
  ⑧ ノースライト諜報作戦(Quiller/Northlight, 1985年) 徳間庫 1988年
  ⑨ ケシ畑で死ね!(Quiller's Run, 1988年) 徳間文庫 1989年
  ⑩ 暗殺!ゴルバチョフ(Quiller KGB, 1989年) 徳間文庫 1991年

 冷戦時代のスパイ・ストーリー。
 英国情報部の一匹狼の工作員の物語。
 バック・アップは足手まといになるからと、常に活動は一人で行う。 ただ、現地での連絡員は信用できるフェリスを希望する。
 そして、拳銃といった火器の携帯を嫌い、空手などの格闘技だけで銃を持つ相手と対峙する。
 ヘリも戦闘機も操縦するという、小説の中でしか考えられないようなスキルを持つ工作員。
 あらためて読み直してみると、スパイ・ストーリーとしても出来が良く、現場の工作員に知らされる情報と、上層部の本当の目的・思惑がしだいに明らかになっていくのが面白く、以前読んだ時よりも気に入った。