スティーブン・ハンター ボブ・リー・スワガー・シリーズ

 スティーブン・ハンターの主作品群となるボブ・リー・スワガーのシリーズ。
 翻訳されてる作品で読んだ作品は、次のとおり。
  ① 極大射程(Point of Impact 1993年)扶桑社 1998年
  ② ブラックライトBlack Light 1996年)扶桑社 1998年
  ③ 狩りのとき(Time to Hunt 1998年)扶桑社 1999年
  ④ 悪徳の都(Hot Springs 2000年)扶桑社 2001年
  ⑤ 最も危険な場所(Pale Horse Coming 2001年)扶桑社 2002年
  ⑥ ハバナの男たち(Havana 2003年)扶桑社 2004年
  ⑦ 四十七人目の男(47th Samurai 2007年)扶桑社 2008年
  ⑧ 黄昏の狙撃手(Night of Thunder 2008年)扶桑社 2009年
  ⑨ 蘇るスナイパー(I, Sniper 2009年)扶桑社 2010年
  ⑩ デッド・ゼロ 一撃必殺Dead Zero 2010年)扶桑社 2011年
  ⑪ 第三の銃弾(The Third Bullet 2013年)扶桑社 2013年

 設定は、ヴェトナム戦争でスナイパーとして活躍した退役軍人であるボブ・リー・スワガーのシリーズもの。
 アール・スワガー同様、その息子もスナイパーになり、物語も同様で、勧善懲悪の時代劇のような、カウボーイの物語。
 7作目の「四十七人目の男」はまんま時代劇で、日本が舞台となり、刀で対決という、アメリカ人の好きそうな忍者の物語となってる。
 まあ、暇つぶしにはなるかな。