作品:殺者のゲーム 上・下 竹書房文庫 2018

作者:ウォード・ラーセン

内容:「BOOK」データベースより

 モサド最強の暗殺者ダヴィッド・スラトンは死んだ。 いまでは彼はアメリカ人として妻のクリスティンと平凡だが幸福な日常を送っていた。 しかし、平穏な生活は長くは続かなかった。 モサドの新長官ヌーリンは、イランの核開発を阻止するために二度ハメディ博士の暗殺を計画したがいずれも失敗していた。 業を煮やしたヌーリンは、権謀術数渦巻く盤上に比類なき暗殺者を投入することを決意したのだ。 モサドは学会のためにスウェーデンを訪れていたクリスティンを人質に取ろうとするが、彼女は追手から逃れ行方不明に。 妻の危機を救うべく、最強の暗殺者は北欧の地に降り立った―。


 孤立無援の状態で、スラトンは標的のハメディ博士が講演をするスイスへと向かう。 イランとモサド、さらにはスウェーデン警察からの追跡を受けながらもスラトンは暗殺者としての経験とテクニックを活かし、着々と準備を進める。 妻からはふたたび暗殺に手を染めれば自分たちの関係は終わりだと告げられていたが、任務を遂行しなければ自分たちは一生モサドから狙われる。 幸せな結末などありえない。 平凡で穏やかな日常は過ぎ去ってしまったのだ。 板挟みとなった暗殺者が選んだ道は―。 大胆なストーリーと殺しのプロの緻密な描写が書評家たちをうならせた人気シリーズ!


メモ:
 巻き込まれた女性と結婚し、新しい身分での生活を始めるが、暗殺者の過去は逃がしてくれない。
 まだシリーズが続きそうな終わり方。
 それでも、長く続けるのは難しいような気がする。