作品:刑事ファビアン・リスク 零下18度の棺 ハーパーBOOKS 2018
作者:ステファン・アーンヘム
内容:「BOOK」データベースより
 白昼のカーチェイスで男が事故死した。 遺体はなぜか凍っており、死後2カ月と判明。 だが数日前には同じ男が生きた姿で目撃されていた。 矛盾する事実にファビアンら捜査班が翻弄される中、事件はおぞましい連続殺人へ変貌を遂げてゆく。 同じ頃、デンマークでは血まみれの女が出没し、無差別に市民を襲う覆面集団の動画が投稿される。 やがて両国の怪事件は思いがけぬ形でファビアンに影を落とし―。 ノルウェー7週連続ベストセラー1位! 北欧ミステリー・シリーズ第3弾。

メモ:
 刑事ファビアン・リスクのシリーズ第3作目。 翻訳はここまで。
 スウェーデンとデンマークで起きている事件を交互に描きながら、主人公の家族も巻き込まれ崩壊していくようななんとも救いのない物語。
 北欧の警察小説は救いのある物語より、救いのない物語の方が多いような気がして、オラには続けて読むのは精神衛生上あまりよろしくないかもしれない。
 「ノルウェー7週連続ベストセラー1位!」とあるので、このような作品が好まれるんだなと...。