作品:刑事ザック 夜の顎(アギト) 上・下 ハヤカワミステリ文庫 2018
作者:モンス・カッレントフト & マルクス・ルッテマン
内容:「BOOK」データベースより
 ザックがまだ五歳のころ、刑事だった母が何者かに殺害された。 心に深い傷を負ったザックは誓う。 刑事になって、いつか母を殺した犯人を捕えると…二十七歳になったザックは腕利き刑事となり、ストックホルム警察の特捜班に抜擢された。 だが、難事件を追う日々の裏で、彼の苦悩は続いていた。 そんなある夜、タイ人の売春婦が四人、自分たちの住む部屋で無残にも射殺される。 それは稀に見る残忍な事件の発端に過ぎなかった。

 戦慄の四重殺人。 さらにそれに続く事件の残忍な手口に、 百戦錬磨の特捜班の面々も言葉を失う。 売春をめぐる犯罪組織の抗争か、人種差別主義者の暴走か、あるいは単独のシリアルキラーが跋扈しているのか? 浮上しては消える手がかりと容疑者。 事件を追うザックたちの焦燥は日ごとに深まるが…若き刑事の苦悩と成長を通し移民、差別、薬物などスウェーデン社会の闇を雄大なスケールで描きだす新シリーズ、ここに開幕!

メモ:
 モンス・カッレントフトの作品をまとめて発注したため、モンス・カッレントフトの最後の翻訳作品と思って手に取ったら、違ってた。
 作者は、モンス・カッレントフト & マルクス・ルッテマンの共著ということになるみたい。
 また、モンス・カッレントフトは女性作家か?と思っていたら、おっさんだた。
 感情的なアル中の女性刑事モーリンのシリーズとは違い、主人公は男性刑事。 文体も普通の警察小説のよう。
 いただけないのが、主人公の刑事ザックはコッケイン中毒というところ。
 作品の内容に、歓楽街へのタイ人の進出や暗黒街へのトルコ人の進出に加え、主人公がコッケイン中毒と、スウェーデンの現状は病んでるのか?というもので、イメージとけこ違う面が描かれているのが興味深いが、物語としてはなんとも底が薄い印象。